脱毛を痛くないように済ませるために知っておきたい基礎知識

基礎知識

脱毛サロンやクリニックに通ってツルツルの肌を手に入れたいと思っても、脱毛には痛みを伴うイメージもあるため通うには勇気が必要です。脱毛にはいろいろな方法があって、針を使って電流を加えながら毛を1本1本破壊するニードル脱毛は強い痛みを伴います。痛みに弱い人は恐怖心から脱毛になかなか踏み切れずにいますが、痛くない脱毛方法を知っていれば安心して施術を受けられるものです。そんな人に向けて痛くない脱毛方法の種類について解説するとともに、痛いと言われる医療脱毛の痛みを軽くする方法についても紹介します。

痛くない脱毛方法の種類

自分で行う脱毛方法の中でもブラジリアンワックスを使ってムダ毛を抜くやり方はかなりの痛みを伴うため、痛みに弱い人にはおすすめできません。脱毛クリームは薬剤の作用で毛を溶かして抜けるようにする方法のため通常は痛くありませんが、敏感肌の人や皮膚疾患のある人は肌への刺激が痛みとなって感じられる可能性があります。カミソリやシェーバーを使った自己処理で脱毛を行うやり方なら上手にやれば痛くないとは言え、手間がかかる上に肌への負担も大きいものです。
家庭用脱毛器を使って自分で脱毛するやり方には痛みの感じ方に個人差があり、照射レベルをうまく調整できれば痛くないようにすることもできます。この場合は脱毛する部位によっても痛みに差があって、ムダ毛が太いVIOやワキなどは痛みを感じやすい部位です。顔は皮膚が薄く神経が集中している部位のため、特に眉毛の付近や鼻の下などは痛みが出やすいと言われています。

医療脱毛より痛くないのが光脱毛の特徴

脱毛効果が高い代わりにある程度の痛みを伴う医療脱毛と比べ、家庭用脱毛器と同じ光脱毛の原理で脱毛を行うサロンは痛みの少ない点がメリットです。医療脱毛も光脱毛もムダ毛に光を当てて毛のメラニン色素と反応させ、発生した熱で毛にダメージを与える点では共通しています。高出力のレーザーを使用する医療脱毛の方が少ない回数で脱毛完了できますが、脱毛の際にはそれだけ高温の熱を生じるため痛みが避けられません。光脱毛は医療脱毛より弱い出力の光を扱うため回数が多くかかる反面、痛みの程度も弱くなってきます。
光脱毛にもSSC脱毛やIPL脱毛といった種類があって、毛根に直接ダメージを与えるIPL脱毛にはある程度の痛みを伴うのが一般的です。SSC脱毛は事前に発毛を抑制するジェルを塗った上で光を照射させる方法で、肌への影響が小さいクリプトンライトを使用するためIPL脱毛より痛みが少ないという特徴があります。SHR脱毛は毛根ではなく毛の生える元となるバルジ部にダメージを与える方法で、弱い光を連続的に照射させることでSSC脱毛よりもさらに痛みが少ない最新の脱毛技術です。

ハイパースキン脱毛も痛くない最新技術

SHR脱毛とともに先進的な脱毛サロンで採用例が増えている最新技術の1つとして、ハイパースキン脱毛が挙げられます。ハイパースキン脱毛は体温に相当する36℃の光を当て、休止期にある毛の発毛因子に作用することで毛が生えて来なくする方式です。照射する光の温度が低いためハイパースキン脱毛はほぼ無痛と言ってもいいほど痛みを感じないのが特徴で、事前に塗るジェルが冷たくない点でも人気を集めています。
他の光脱毛はいずれも毛に含まれるメラニン色素に光を反応させ、熱を発生させて毛の組織にダメージを与えるという点で共通しています。医療脱毛も光脱毛もメラニン色素と反応して生じる熱が痛みの主な原因となっていますが、ハイパースキン脱毛は現在生えている毛のメラニン色素には反応しません。そのためハイパースキン脱毛は低い温度でも脱毛が可能で、痛みもほとんど発生せずに済むという仕組みです。休止期にある毛に作用する方式のため施術後も毛が抜け落ちる現象は見られませんが、他の方式と違って産毛も脱毛しやすい点はハイパースキン脱毛のメリットに数えられます。

医療脱毛を少しでも痛くないようにする方法

使用する機械の威力に違いがあることから、脱毛効果という点では脱毛サロンの光脱毛より高出力のレーザーを使えるクリニックの医療脱毛に軍配が上がります。脱毛回数が少なく済む点も医療脱毛のメリットですが、輪ゴムで弾かれたような痛みを伴うため痛みに弱い人には不向きです。痛みの感じ方には個人差があるとは言え、痛みに我慢できなくなって通うのをやめる人がいるという事実も否定できません。
そんな医療脱毛を行うクリニックでも、最近は痛みを少なくするよう対策を講じているケースが増えてきています。脱毛サロンのSHR方式と同様に弱いレーザー光を連続照射させることで、従来の方式より痛みの少ない医療脱毛が可能となった蓄熱式の脱毛機を導入するクリニックも急増中です。従来の医療脱毛は200℃くらいの熱を発生させるのに比べ、蓄熱式の脱毛機は60℃くらいの熱で済むため、熱に伴う痛みが軽減されるという仕組みです。クリニックによってはVIOなど痛みの強い部位の脱毛を行う際に、笑気ガスや麻酔クリームによる麻酔で痛みを和らげてくれるところもあります。

まとめ

医療脱毛でまったくの無痛にするのは難しいとも言われますが、脱毛サロンなら脱毛方式によっては痛くない施術も可能です。痛みに弱い人は通う回数を多くする前提で脱毛サロンを利用し、なおかつSHR脱毛やハイパースキン脱毛のような痛みの少ない方式を選ぶのが無難だと言えます。医療脱毛のように効果の高い脱毛方法ほど強い痛みを伴うのがこれまでの常識でしたが、脱毛技術の進化によって痛くない脱毛が可能な時代となっているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました