永久脱毛をどこで受けるのかはデメリットを考えて決めよう

基礎知識

永久脱毛という言葉には魅力的なイメージがあります。
お手入れが面倒なムダ毛が永久に脱毛できるとしたら、毎日をスムーズに過ごせそうだからです。
しかし、脱毛ができるとうたっているお店の全てで永久脱毛ができるわけではありません。
今回は、永久脱毛を目指したい人におすすめの施設や、永久脱毛を受ける時のデメリットについてご紹介します。

永久脱毛したいならどこの施設に行くのがおすすめなのか

初めに、世間で言われている永久脱毛という言葉は、利用すればその後絶対にムダ毛が生えてこないというものではないことを覚えておきましょう。
脱毛サロンやクリニックで広告などに使われている「永久脱毛」は、施術を受けた後に長い期間にわたってムダ毛がほとんど再生しない状態が続く脱毛法という意味で使われています。
この永久脱毛の定義はアメリカの機関が定めたもので、日本でもこれを基準にして永久脱毛という言葉を使っています。
これを知ると、永久脱毛を受けてもずっとムダ毛が生えてこないわけではないとがっかりする人もいるかもしれませんが、永久脱毛ができると宣伝しているお店に行けば、長期間ムダ毛の悩みから解放される効果が期待できるため、やはり便利です。
そこで、脱毛が受けられる施設の中で永久脱毛をしたい人におすすめなのは、光脱毛ができる脱毛サロンやレーザー脱毛が可能なクリニック、針脱毛ができる施設ということになります。
脱毛ができるお店にはワックス脱毛を行っているサロンもありますが、ワックスでムダ毛を処理する方法では何週間か経つとまた毛が生えてきます。
ワックスではムダ毛を永久脱毛することはできないため、脱毛サロンやクリニックを選ぶのがおすすめです。
なお、永久脱毛を希望している人には、脱毛効果の高い方法を利用したい人が多いはずですから、予算が許すならクリニックでレーザー脱毛を受ける方が良いでしょう。
一般的に脱毛サロンの光脱毛よりも、クリニックで受けられるレーザー脱毛の方が脱毛効果が早く実感できて、効果も高いとされています。
効果が早く感じられると永久脱毛が完了したと思える日が早く来るので便利ですし、脱毛効果が高い施術を受けておけば、将来ムダ毛が再生する確率も低いことが期待できます。

永久脱毛をすることでデメリットはあるのか

永久脱毛をすれば、ムダ毛を自分で処理する時間がほぼなくなることが期待できるのでとても便利です。
それまでムダ毛をカミソリで処理していた人は、永久脱毛完了後はカミソリで肌を傷つけることもなくなり、肌荒れがおさまってキレイな肌になるというメリットも期待できるでしょう。
それでは、永久脱毛によってデメリットは発生しないのかというと、基本的にはメリットの方が多いと言えます。
永久脱毛をすることに伴うデメリットとしては、脱毛サロンやクリニックに定期的に通わなければならないため、完了まで手間がかかることや、ムダ毛を自己処理するのに比べて高額な費用がかかるということが挙げられます。
クリニックでの永久脱毛にはレーザー脱毛が痛いことがあるというデメリットがありますが、麻酔を使うことや、痛くない脱毛機を導入しているクリニックを選ぶことで解決可能です。
他には、脱毛をしている期間には日焼けをしてはいけないなどのルールがあり、肌の状態に気をつけて生活しなければならない点が人によっては面倒だと感じられるデメリットもあります。
それ以外に永久脱毛でデメリットが起こるとしたら、女性ではVIO脱毛でムダ毛を完全になくしてしまう形を選ぶと、後でデリケートゾーンに毛があった方が良いと思った時に元に戻すことができないというケースが考えられます。
永久脱毛を受けるとその部分には毛が生えてこなくなるので、男性ではヒゲ脱毛をする時にはよく考えた方が良いと言えるかもしれません。
ヒゲの永久脱毛を受けると便利ですが、将来、やはりヒゲを生やしたいと思った時に後悔するかもしれないため、年をとってからの自分のことも考えてから決めるのがおすすめです。

永久脱毛は電気針でもできる

永久脱毛をしたい人が検討できる脱毛法の中には、長い歴史を持つ電気針という方法もあります。
電気針は針脱毛とも呼ばれる方法で、脱毛したい部分の毛穴に非常に細い絶縁針を差し込んで、電流を流すことで毛根を破壊してムダ毛を処理していくやり方です。
電気針のメリットは、ムダ毛の1本1本を丁寧かつ確実になくしていけて、将来その毛穴から毛が生えてこなくなるので、永久脱毛ができる点です。
1本ずつ確実に処理するという特徴によって、眉毛やヒゲなどを希望のデザイン通りに脱毛したい時に有効です。
また、肌質や毛質に関わらず脱毛することが可能で、レーザー脱毛では効果がないとされる白髪の脱毛もできますし、クリニックによってはデリケートゾーンの粘膜部分にも施術を行えます。
電気針は永久脱毛をしたいなら選択肢に入りますが、1本ずつ処理を行うため時間がかかることや、施術に痛みを伴うというデメリットもあります。
そこで、光脱毛やレーザー脱毛で広い部分を脱毛し、それらの脱毛法では施術ができないと言われた部分に電気針を利用するという使い分けをしている人もいます。
これから永久脱毛をしたいなら、電気針のことも覚えておくと、困った時に役に立つかもしれません。

まとめ

永久脱毛を利用したい時は、脱毛サロンや美容外科などのクリニック、電気針での施術ができる施設へ行くのがおすすめです。
それらの施設を利用する前には、それぞれのデメリットを考えてからお店選びをすると満足できる結果が得られるのではないでしょうか。
また、永久脱毛をする時には、その部分の毛がずっと生えてこなくなっても将来後悔しないかを確認してから脱毛を受けることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました