アンダーヘアの永久脱毛!メリットと必要な回数

基礎知識

アンダーヘアは自分で処理してもチクチクしたり、肌トラブルなどの悩みも抱えやすいです。
夏場だと水着を着る機会もありますから、永久脱毛してしまった方が楽です。
そんなアンダーヘアを永久脱毛するメリットについて、紹介しましょう。

アンダーヘアを永久脱毛するメリット

アンダーヘアはちょうどショーツで隠れる部分の毛のことを指しています。
前から見える部分のVライン、性器周辺のIライン、肛門周りのOラインの三部位をまとめてVIO脱毛と呼ぶことが多いですね。
また、皮膚が薄くて肌トラブルが起きやすい部位ですから、VIOラインのことをデリケートゾーンと言うことも多いです。
アンダーヘアの永久脱毛をしてしまうと、デリケートゾーンの自己処理の必要がなくなります。
特に水着を着る夏場はお手入れ回数も増えてしまって、きれいに仕上がらなかったり肌トラブルも増えてしまいます。
永久脱毛してしまえばそんな悩みからも脱出できて、水着や下着からアンダーヘアがはみ出す心配をしなくてもよくなりますね。
ビキニなどにも挑戦できますし、かわいいマイクロ下着を着たりなど、ファッションの幅も広がります。

また、肌トラブルのリスクを減らすことにもなります。
カミソリなどで定期的に自己処理していると、肌が乾燥したり黒ずみを増やしてしまうことになります。
1、2日で毛がまた伸びてきて、チクチクする不快感もありますね。
脱毛すればお手入れ回数も減ってきて肌トラブルを起こしにくくなり、自己処理の不快感もなくなります。
また、デリケートゾーンを衛生的に保ちやすくなります。
デリケートゾーンが蒸れにくくなりますし、雑菌が繁殖しにくくなってニオイを減らすことができますね。
また、排泄物などが付着しにくくなりますから、デリケートゾーンを清潔で衛生的に保つことができます。

アンダーヘア脱毛で人気のデザイン

アンダーヘアを永久脱毛する時に、悩んでしまうのがどんな形にするかです。
海外では、アンダーヘア全部をつるつるにしてしまうハイジニーナが人気ですね。
日本ではアンダーヘアを全部失くしてしまう文化はありませんから、抵抗を感じる人もいます。
VIO脱毛で人気になっているのは、IOラインだけつるつるにしてしまって、Vラインを小さめに残す形です。
IOラインは排泄物が一番付着しやすい部分ですから、衛生面でもメリットが大きいです。
Vラインはやや小さめに残せますから、下着などからアンダーヘアがはみ出す心配もありません。
友達と温泉などに行った時でも見られやすいVラインは適度に残っていますから、奇抜で恥ずかしい形でもありません。

一番人気はオーソドックスな逆三角形ですね。
元々のVラインの形ですから抵抗を感じることなく誰でもチャレンジできて、脱毛してしまえばアンダーヘアの悩みも改善してくれます。
ちょっと変わった形がいいという人なら、丸型やスクエアなども人気でs。
Vラインを縦長の丸のような形に残したり、長方形の形にする方法です。
オリジナリティがあって奇抜すぎない形ですし、きちんとお手入れしている感じが出せますね。

永久脱毛できるVIO脱毛の回数の目安

アンダーヘアは性毛という種類の毛で、生命力が強くて脱毛するまでに他の部位より回数が多く必要です。
皮膚が薄くて色素沈着しやすい部位ですから、脱毛機のレベルをあまり上げられないのも脱毛回数が多くかかる要因です。
太くて濃い毛ですからレーザーを吸収しやすく、毛量の多い時期は痛みも感じやすいですね。
もし施術で痛みが強いと感じたら、我慢せずに施術者に申し出るようにしましょう。
麻酔を使ってくれたり、照射レベルを落とすなど痛みへの配慮をしてくれます。

クリニックの永久脱毛で毛が減ったとか細くなってきたなど、脱毛効果を感じ始めるのは3回目くらいからです。
毛質を柔らかくする働きもありますから、最初の3回くらいはアンダーヘアを全部脱毛してしまう人が多いですね。
6回くらい脱毛を繰り返すと、ほとんどの人が自己処理をためにすればいいくらいのレベルになれます。
アンダーヘアもかなり細くなってきますから、目立ちにくくなりますね。
普通に毛を残したい人や毛が元々薄い人、自己処理が楽になればいい人などは、6回くらいで永久脱毛を終える人もいます。
完璧なつるつる肌にしたい人なら、もう少し回数が必要です。
クリニックの永久脱毛でも、8回から10回くらいはかかりますね。
剛毛な人や毛深い人なら回数も多めになりますから、12回くらい見ておく必要があります。

アンダーヘアの永久脱毛はカウンセリングで相談

自分には何回くらい脱毛回数が必要かとか、どんな形がいいのかなど、アンダーヘアの永久脱毛には悩みが付きものです。
そんな悩みはクリニックのカウンセリングで相談してみましょう。
知識のあるカウンセラーがしっかりと相談に乗ってくれて、適切なアドバイスがもらえます。
料金など予算の相談もできますから、悩まずにクリニックに足を運んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました