蓄熱式とニードルという2つの種類がある顔脱毛

基礎知識

顔に対する脱毛も、色々な種類があります。基本的にはレーザーもしくは蓄熱式になりますが、サロンによってはフラッシュで顔脱毛の施術を行っている事もあります。サロンによっては、ワックスを使っている事もあります。

産毛はフラッシュやレーザーの効果が発揮されづらい

脱毛の施術を受ける方法は2つあって、クリニックもしくはサロンです。それぞれマシンの特徴も異なりますが、前者の脱毛クリニックではレーザーを使用している事が多いです。サロンは比較的多彩で、蓄熱式やフラッシュやワックスなどがあります。
脱毛も色々なやり方がある訳ですが、それぞれ最適な体毛は異なります。例えば強めなレーザーなどは、あまり産毛には向いていません。またフラッシュの光も、産毛には効果を発揮しづらい傾向があります。
ところで顔に生えている毛は、比較的細い方になります。わき毛と比べてみると、その細さをよく実感できます。わき毛の場合は、比較的太い方です。顔に生えている体毛と比べれば、明らかに太めです。
産毛はとても細いので、光を十分に吸収しづらい性質もあります。そもそもレーザーの効果の強さは、光の吸収量に左右される一面があります。体毛がある程度光を吸収してくれない事には、効果も限定されてしまう訳です。産毛はあまり太くありませんから、たとえ強いレーザーを照射してみても、効果が限定されてしまう傾向があります。
ちなみに多くのクリニックでは、全身脱毛の施術を行っています。顔も全身コースの1つに含まれますが、産毛が無くなるのは一番最後になる事が多いです。産毛は、あまりレーザーの光を吸収しませんから、効果も若干限定されるからです。フラッシュも、効果は限定的です。
ですから顏というパーツの場合は、むしろフラッシュやレーザー以外の方法で脱毛が行われる事が多いです。その主な方法は蓄熱式やニードルです。

バルジ領域に働きかける蓄熱式

1種類目の蓄熱式という脱毛は、やんわりとした熱でバルジ領域という箇所にダメージを与えていきます。
体毛は複数のパーツでできていて、毛根部分には毛包というパーツもあります。その毛包という箇所にダメージを与える脱毛の施術もありますが、蓄熱式は毛包でなくバルジ領域という箇所なります。バルジ領域は、毛包という箇所に信号を送り出しています。毛を伸ばしてほしいという信号を伝達していますから、そのバルジ領域という箇所が働かなくなれば、毛も伸びなくなる訳です。
蓄熱式の場合、痛みに特徴があります。強いレーザーを照射する方式と違って、激痛が走るわけではありません。やんわりとした熱で包むような状態になりますから、高熱が生じる事はありません。
そして蓄熱式は、体毛の濃さに左右されづらい性質があります。レーザーなどで施術を行う場合、体毛が光を吸収してくれない事には、施術の効果も限定されてしまう訳です。産毛はあまり大きくありませんし、光の吸収量も限定されてしまいます。しかしバルジ領域に働きかける蓄熱式は、光の吸収量は関係ありません。バルジ領域に直接熱を加えますから、たとえ体毛があまり太くなくても、十分なダメージを与える事ができます。
ちなみに蓄熱式は、脱毛クリニックもサロンも採用している方式になります。それぞれ特徴は異なりますが、どちらも産毛に対する効果は比較的強めです。

とても強力なニードル脱毛

2種類目のニードルですが、顔に生えている体毛に針を刺していきます。弱い電流が流れる針を毛根部分に直接刺して、ダメージを与える訳です。メンズのヒゲ脱毛などは、電気針を使うケースが多いです。
その特性上、痛みはかなり強い事は間違いありません。レーザーやフラッシュなどと比べると、かなり痛みは強いという声も多いです。それだけに多くのクリニックでは、針を刺す際に麻酔も使っています。
その代わりニードル脱毛は、効果も非常に強いです。そもそもフラッシュ脱毛ですと、体毛が再度生えてくる事があります。フラッシュはあまり強くありませんから、必ずしも体毛に致命的なダメージを与えているとは限りません。施術を受けた数年後に、また生えてくる事もある訳です。しかしニードル脱毛は、再度生える確率は極めて低いです。毛根部分に致命的なダメージを与えていますから、半永久的に体毛が生えなくなります。

サロンによってはワックスを使用している

実は、顔脱毛はもう1種類あります。ワックス脱毛を行っているサロンも、中にはあるのです。脱毛サロンによっては、専用シートにワックス剤を塗った上で、顔の体毛を取り除く施術を行っている事もあります。
ただワックスで顔脱毛が行われるサロンは、あまり多くありません。たいていのサロンでは、蓄熱式のマシンを使用して施術が行われます。

まとめ

ですから顔脱毛の場合、基本的には蓄熱式もしくはニードルのどちらかになります。フラッシュやレーザーですと、若干効果が限定されてしまう傾向があるので、たいていは蓄熱式の施術になる訳です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました