種類によって効果の高さや肌への負担が違う!家庭用脱毛器の種類について解説

家庭用脱毛器

皆さんは、家庭用脱毛器を使ったことがありますか。サロンやエステ、または専門のクリニックに行くことなく、自宅で手軽に気になる部分の毛をケアすることができる、非常に便利な道具なんです。特に、最近の家庭用脱毛器は、昔よりも性能が大幅に上がっており、使い方によっては、プロに負けないくらいの仕上がりにすることもできるんです。今回は、そんな家庭用脱毛器の種類について解説していきたいと思います。医療脱毛にも、使用するレーザーに複数の種類がありますが、家庭用脱毛器にも、同じように種類があるんです。どれを選ぶかによって、脱毛効果の高さや、痛みの程度などに差があるため、ご自分の肌の質や、ケアに割ける時間の長さよって、最適なもの選んでみてください。

家庭用脱毛器を使うときは前後にしっかりケアを

まず、家庭用脱毛器の種類を紹介する前に、前提の知識として知っておきたいのが、脱毛器を使う前後のケアについてです。サロンやエステ、クリニックなどならば、そういった施術前後のケアも込みでやってくれますが、自宅で家庭用脱毛器を使うならば、そうはいきません。脱毛後の肌のケアも、自分でする必要があります。そして、このケアを怠ってしまうと、肌に炎症ができたりなど、トラブルが起きてしまうのです。きれいな肌を目指して脱毛器を使うのに、汚くなってしまっては元も子もありません。しっかりと対策を行いましょう。

ケアの方法

脱毛する部分の毛を剃っておく

まず脱毛器を使う前に、ある程度脱毛する部分の毛を剃っておきます。あまりに毛が長すぎてしまうと、脱毛器の効果が落ちてしまうからです。ただし、毛を抜いてしまうと、肌が傷ついてしまうため、抜かないようにしましょう。

脱毛する部分を冷やす

そうすることで、熱による痛みを和らげることができるためです。氷や、保冷剤などを使用して、冷やしておきましょう。

脱毛後のケア

冷やす

脱毛後も、脱毛する前と同様、冷やすことが重要です。脱毛器は光を照射したりするため、熱がこもります。冷やすことで、熱を逃がしてあげましょう。

保湿

そして保湿です。脱毛器を使った後の肌は、乾燥しやすい状態です。いつも使っているジェルなどで構わないので、保湿してあげましょう。
以上の点を気をつけていれば、肌への負担を少なくすることができます。ぜひ、覚えておいてください。

レーザー方式は剛毛に使える

それではいよいよ、家庭用脱毛器の種類について解説します。まずは、レーザー方式についてです。レーザー方式は、その名の通り、レーザーの光を照射して、脱毛します。レーザーの光が、黒色に反応し、毛を成長させる細胞を破壊します。そうすることで、脱毛効果を得られるのです。
このレーザー方式の脱毛は、クリニックでも使用されている方法なので、脱毛効果は、今回紹介する中でも、最も高いです。男性の髭などの太い毛でも、しっかりと脱毛できます。
デメリットとしては、痛みが強いことが挙げられます。ケアをすることで、ある程度対応はできますが、肌が弱い人は注意しましょう。
また、レーザー方式は、範囲が狭いので、広範囲の部位を脱毛するのは、少し難しいです。広い範囲を脱毛しようとすると、その分痛みを感じる機会も増えるので、広範囲の脱毛はあまり向いていないかもしれません。

肌への負担は抑えめ!フラッシュ方式

フラッシュ方式は、レーザー方式と仕組みは同じですが、大きな違いは照射できる範囲です。照射する光の種類が違うので、広範囲に渡って照射できます。そのため、レーザー方式が苦手な、背中などの広い部分の脱毛に適しています。また、痛みも、レーザー方式より少なめです。
ですが、そんなフラッシュ方式にも、デメリットがあります。それは、出力が弱いことです。同じ部位の脱毛でも、レーザー方式よりも時間がかかってしまいます。さらに、男性の髭のような、剛毛への対処も苦手で、時間と回数を重ねて、処理する必要があります。
フラッシュ方式は、肌への刺激が弱めで、柔らかい毛ならば、スピーディーな処理ができます。男性よりも、女性におすすめかもしれません。

チクチクしない脱毛器!サーミコン方式

サーミコン方式は、熱線を使って毛を焼き切ることで、脱毛する方式です。毛を焼き切り、毛先が丸くなるので、カミソリで剃ったときと違ってチクチクしないのが特徴です。また、レーザーやフラッシュなどといった方式よりも、肌への負担が少なく、ほぼ無いといっても過言ではないほどです。そこもメリットと言えるでしょう。
ただし、焼き切る方法は、光を照射する脱毛と違い、脱毛効果は低いです。どちらかというと、カミソリの延長といったイメージでしょうか。繰り返し使用することで、毛が細く、目立たなくなることが期待できますが、即効性といった意味では、最も劣っていると言えます。脱毛までいかなくても、毛が目立たなくなれば満足といった人にはおすすめです。

まとめ

今回は、家庭用脱毛器の種類について、解説してきました。家庭用のものは、当然、プロが使うものと比べて、出力が抑えられているため、クリニックなどと全く同じ効果を得るのは難しいです。しかし、性能はどんどん上がっているので、それに近い効果は、得ることができます。それぞれの方式のメリット、デメリットをしっかりと理解して、選んでみてください。きっと、知識がゼロの状態よりも、自分に合ったものを選ぶことができるでしょう。また、どの家庭用脱毛器を選ぶにしても、大切なことは使用前後の肌のケアです。しっかりとケアをすることで、結果的に脱毛効果が高まります。そこを理解して、理想の肌を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました