開催概要・アクセス

東京会場は終了しました

東京会場

開催概要

会期

11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日)

  • ※会期中に展示品の入れ替えがあります。

会場

東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1

開館時間

午前9時30分~午後5時30分 (土曜日は午後7時30分まで)

  • ※入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日、年末年始[12月26日(月)~1月1日(日)]

  • ※ただし1月2日、9日、16日は開館。

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、読売新聞社、日本テレビ放送網、BS日テレ

協賛

日本写真印刷

お問合せ

東京都江戸東京博物館
TEL.03-3626-9974(代表)

  • 東京会場出品リスト/818KB

交通

  • JR総武線「両国」駅西口徒歩3分
  • 都営地下鉄大江戸線「両国(江戸東京博物館前)」駅A3・A4出口徒歩1分
  • 都バス錦27・両28・門33系統、墨田区内循環バス南部ルート「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」徒歩3分

えどはくカルチャー

1月6日(金)

戦国時代庭園の諸相 ―儀礼の庭・社交の庭・信仰の庭―

仲隆裕氏(京都造形芸術大学 芸術学部 歴史遺産学科 教授)

1月13日(金)

  • ※齋藤慎一氏(東京都江戸東京博物館 学芸員)急病のため中止となりました。

1月20日(金)

戦国時代の朝廷

渡邊大門氏(株式会社歴史と文化の研究所 代表取締役)

1月27日(金)

信長の城づくり事始 ~小牧山城の発掘調査から~

小野友記子氏(小牧市教育委員会 小牧山課 主査 考古学専門員)

※お申し込みはこちらをご確認ください。

講演会・パネルディスカッション お申し込みは終了しました
いざ!戦国時代展へ!! 担当学芸員が伝えたい‘観賞のポイント’

江戸東京博物館では前期展示の最終日となる12月25日(日)に講演会・パネルディスカッションを実施します。まず前半の講演会では京都、山形会場の担当学芸員3人がそれぞれ考える展覧会のポイント、そして注目の作品を紹介します。また、後半には全員によるパネルディスカッションを開催し、展覧会への理解をより深めていただきます。皆様のご応募を心よりお待ちしております。


内容

  • (1)開催館担当学芸員によるリレー講演(1時間程度を予定)

~途中休憩~

  • (2)パネルディスカッション(1時間30分程度を予定)

日時

2016年12月25日(日)14:00~17:00(予定)

場所

東京都江戸東京博物館 1階ホール

出演

阿部 哲人(米沢市上杉博物館 主任学芸員)

長村 祥知(京都府京都文化博物館 学芸員)

西山 剛(同館 学芸員)

  • ※50音順
  • ※齋藤慎一(東京都江戸東京博物館 学芸員)が急病のため参加できなくなりました。なお、本トークイベントは他の出演者3名にて予定通り開催いたします。

応募方法

※事前のお申込が必要です。

往復ハガキ往信面に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、参加希望人数(2名まで)、同伴者の氏名を、返信面に郵便番号、住所、氏名を明記し、【12月9日(金)必着】にて下記の宛先までお送りください。


〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-28-9 4F

「戦国時代展」広報事務局トークイベント係
(TEL.03-6661-9662)


  • ※応募多数の場合は抽選となり、〆切後に抽選結果をご連絡致します。
  • ※参加無料。但し戦国時代展の入場券(半券も可)が必要です。
京都会場は終了しました

京都会場

開催概要

会期

2017年2月25日(土)~4月16日(日)

  • ※会期中に展示品の入れ替えがあります。

会場

京都文化博物館 4階・3階特別展示室
〒604-8183 京都市中京区三条高倉

開室時間

午前10時~午後6時 (金曜日は午後7時30分まで)

  • ※入場は閉室の30分前まで

休館日

毎週月曜日(3月20日は開館)、3月21日

主催

京都府、京都文化博物館、読売新聞社、BS日テレ

後援

(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都

協賛

日本写真印刷

お問合せ

京都文化博物館
TEL.075-222-0888(代表)

  • 京都会場出品リスト/818KB

交通

  • 地下鉄「烏丸御池駅」下車【5】番出口から三条通りを東へ徒歩約3分
  • 阪急「烏丸駅」下車【16】番出口から高倉通りを北へ徒歩約7分
  • 京阪「三条駅」下車【6】番出口から三条通りを西へ徒歩約15分
  • JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ/市バス「堺町御池」下車、徒歩約2分

関連イベント

1

講演会「戦国大名と小京都」【終了しました】

日時

2月25日(土)10:30~12:00

講師

村井康彦氏(国際日本文化研究センター名誉教授)

会場

京都文化博物館 3階フィルムシアター

定員

150名

参加費

無料

  • ※ただし、本展覧会入場券(半券可)が必要です。

申込方法

先着順。参加者1名ごとに、特別展イベント申込フォーム からお申し込みください。

2

トークイベント「戦国時代展のメッセージ」【終了しました】

日時

3月22日(水)13:00~16:00

パネリスト

阿部哲人氏(米沢市上杉博物館主任学芸員)

齋藤慎一氏(江戸東京博物館学芸員)

長村祥知(京都文化博物館学芸員)

西山剛(京都文化博物館学芸員)

会場

京都文化博物館 別館ホール

定員

200名

参加費

無料

  • ※ただし、本展覧会入場券(半券可)が必要です。

申込方法

先着順。参加者1名ごとに、特別展イベント申込フォーム からお申し込みください。

3

講演会「戦国武将の憧憬・由緒-室町文化と同朋衆をめぐって-」【終了しました】

日時

3月25日(土)10:30~12:00

講師

家塚智子氏(宇治市源氏物語ミュージアム学芸員)

会場

京都文化博物館 3階フィルムシアター

定員

150名

参加費

無料

  • ※ただし、本展覧会入場券(半券可)が必要です。

申込方法

先着順。参加者1名ごとに、特別展イベント申込フォーム からお申し込みください。

4

担当学芸員によるギャラリートーク【終了しました】

日時

会期中の3月の金曜日 18:00~(約30分)

会場

京都文化博物館 戦国時代展会場内

  • ※事前申し込み不要。ただし、当日の入場者に限ります。

5

戦国武将なりきりコーナー【終了しました】

日時

3月19日(日)~4月2日(日)

会場

京都文化博物館 戦国時代展会場内(3階やすらぎコーナー)

  • ※事前申し込み不要。ただし、当日の入場者に限ります。
戦国武将なりきりコーナー

戦国武将になりきって、記念写真をどうぞ!
(兜や陣羽織の試着ができます)

「知りたい! 将軍義政の能 信長の能-戦国を舞う-」【終了しました】

 室町幕府の衰退により、上杉謙信、武田信玄、毛利元就、織田信長など有力大名たちは領国の経営に力を入れるようになり、その結果、絵画や茶の湯など京都で成熟した文化が列島各地へともたらされ、新たな地域文化として再生産されました。京都の成熟した文化の中には「能」も含まれ、戦国武将達にも大いに支持されました。


 今回の催しでは「田村」と「敦盛」を取り上げます。「田村」は文正元(1466)年、将軍足利義政が見たとされており、また「敦盛」は織田信長が桶狭間の戦いを前に舞った幸若舞と同じ話を元にします。


 トークや囃子、装束の着付けなど織り交ぜ、戦国武将が愛した「能」をわかりやすく紹介します。幾百年を通じて続けられる能の魅力を是非ご堪能ください。


日時

2017年3月25日(土)

【第1部】14:00~15:30 ※開場は13:30

  • ▽学芸員と能楽師によるトーク、曲目解説
  • ▽囃子レクチャー
  • ▽能「田村」=将軍足利義政の御前で演じられた能(約30分)

【第2部】17:00~18:30 ※開場は16:30

  • ▽学芸員と能楽師によるトーク、曲目解説
  • ▽装束着付け実演
  • ▽能「敦盛」=織田信長が愛した幸若舞「敦盛」にちなんで(約30分)

会場

京都文化博物館 別館ホール

出演者

シテ 杉浦豊彦

ワキ 有松遼一

笛  森田保美

小鼓 林大輝

大鼓 石井保彦

地謡 橋本光史、深野貴彦

参加費

1,000円

  • ※イベント参加へは参加券のほか「戦国時代展」の入場券「半券可」が必要です。
  • ※イベント参加券では「戦国時代展」にご入場できません。
  • ※定員は各回200人(先着順)。第1部・第2部は入れ替え制です。
  • ※会場は自由席です。

参加方法

2月25日(土)午前10時から参加券を販売します。

能「敦盛」 シテ 杉浦豊彦

能「敦盛」 シテ 杉浦豊彦

『写真提供 ウシマド写真工房』

1日学芸員・和田彩花さんと挑戦 「戦国時代」に迫ろう!【終了しました】

「戦国時代展」解説講座にアイドルグループ「アンジュルム」のリーダー、和田彩花さんが1日学芸員として参加します。和田さんに、興味を持った作品についてお聞きしながら、西山剛・京都文化博物館学芸員が解説します。「戦国時代」に関するクイズも出題されます。クイズは展覧会から出題されますので、事前に展覧会を鑑賞して参加してください。


日時

2017年2月26日(日)

(1)11:30~12:15/(2)14:00~14:45

  • ※開場は各回30分前から。
  • ※各回開始5分前には、6階ミュージアムギャラリーにお越しください。
  • ※定員は各回150人(先着順)。

会場

京都文化博物館 6階ミュージアムギャラリー

参加費

1,000円

  • ※イベント参加へは参加券のほか「戦国時代展」の入場券(半券可)が必要です。
  • ※イベント参加券で「戦国時代展」へのご入場はできません。

参加方法

2月1日(水)午前10時から参加券を販売します。

1日学芸員

和田彩花さん

講師

西山剛・京都文化博物館学芸員

アイドルグループ「アンジュルム」和田彩花さん

和田彩花さん

群馬県出身。アイドルグループ「アンジュルム」のリーダー。西洋美術への関心が高く、大学で美術史を専門に学んでいる。最近では日本の仏像・絵画に関しても積極的に発信している。


【注意事項】

  • (1)イベントに参加される前に必ず展覧会をご鑑賞ください。展覧会の鑑賞可能時間は以下の通りです。
    【第1回参加者】 2月26日(日)10:00~11:25 または 2月25日(土)10:00~18:00
    【第2回参加者】 2月26日(日)10:00~13:55 または 2月25日(土)10:00~18:00
  • (2)会場は和室のため土足厳禁です。

「刀剣乱舞DAY」 3月1日(水)~5日(日)【終了しました】

 PCブラウザ&スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボレーションが決定しました! ゲームに登場する刀剣男士「五虎退」の描き下ろしイラストと上杉謙信が正親町天皇から拝領した名刀「短刀 銘 吉光(号 五虎退)」の画像をデザインした特製クリアファイルを3月1日から5日まで、各日先着500名にプレゼントします。


 刀剣乱舞DAYの期間中、刀剣男士「五虎退」の等身大パネルと特別描き下ろしイラストを展示します。(写真撮影OK!)


期間

3月1日(水)~5日(日)【5日間限定】

  • ※各日先着500名に特製クリアファイルをプレゼントします。
  • ※クリアファイルはお1人様1枚までとさせていただきます。
  • ※「戦国時代展」の入場券が必要です。入場券は、各プレイガイドにて事前にお買い求めいただけます。
  • ※等身大パネルと描き下ろしイラストは1階エントランスに展示します(予定)。写真撮影が可能です。
刀剣乱舞-ONLINE-「五虎退」&「短刀 銘 吉光(号 五虎退)」 特製クリアファイル/(C) 2015-2017 DMM GAMES/Nitroplus

特製クリアファイル

© 2015-2017 DMM GAMES/Nitroplus

山形会場

開催概要

会期

2017年4月29日(土・祝)~6月18日(日)

  • ※会期中に展示品の入れ替えがあります。

会場

米沢市上杉博物館
〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-2-1

開館時間

午前9時~午後5時

  • ※入館は閉館の30分前まで

休館日

5月24日(水)

主催

公益財団法人米沢上杉文化振興財団 米沢市上杉博物館、読売新聞社

協賛

日本写真印刷

お問合せ

米沢市上杉博物館
TEL.0238-26-8001(代表)

交通

  • 【自動車】山形蔵王IC、福島飯坂ICから国道13号で50分。JR米沢駅から2km。上杉神社(米沢城跡)隣接。
  • 駐車台数は120台、料金は無料。バリアフリー用駐車スペースが2台分あります。